芸能の最近のブログ記事

京本 政樹(きょうもと まさき)54歳

鶴田真由

| コメント(0)

鶴田真由

東山 紀之の運動能力

| コメント(0)

東山 紀之の運動能力

塩屋埼灯台(しおやさきとうだい)

hibari2002.jpg2011年(平成23年) - 3月11日の東北地方太平洋沖地震により被害を受けて消灯、2011年11月30日 - 約9ヶ月ぶりに再点灯。

付近の海域は潮の流れが速く、暗礁も多いために航行の難所とされていました。したがって、灯台の重要さは海に生きる人にとっての、命綱だったでしょう。ナビゲーションの自動操舵とちがって、目視と感に頼った航行は経験が最も重要視されます。

塩屋岬に建つ美空ひばりの記念石碑は、塩谷埼を舞台にした「みだれ髪」を記念して建造されました。

母親が絶対の存在だったひばりには、作曲の船村徹も手を焼いていたようで、高音域のあるこの曲は、10年間拒否されていたそうです。

長期入院後復帰さて初めての曲としてのレコーディングは、ひばりの体調を考慮して全て一発録りだったそうです。

「春は二重に巻いた帯 三重に巻いても余る秋」は、自身の体調不良と重ねての思いだったのではないでしょうか。

桜塚やっくん

『エンタの神様』で、スケバン恐子として参加、かなりの人気が有ったように思います。神奈川県出身で本名斎藤恭央(さいとうやすお)日本大学芸術学部映画学科演技コース卒業。学歴からも芸能界への熱意が窺えます。

残念なことに、2013年10月5日(37歳没)日本 山口県美祢市内の中国高速道路本線上で、交通事故の二次災害で死亡しました。

現地は小雨模様で滑りやすく、しかも山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線、伊佐パーキングエリア付近はカーブの連続で危険なために80km/hの規制になっているはずです。しかも逆バンクで、右カーブに対して左側路側が低くなっているために、経験の少ないドライバーにはかなりの難所です。小生も何度か「冷や汗」で背筋が寒くなった記憶が有ります。

単独事故と言いながらも、その次に待っているのは「二次災害」です。故人もこのために命を落とした訳ですが、同乗のマネージャーさんも、事故後後部座席から本線上に出て後続車両に追突されて即死されました。お二人の御冥福をお祈り申し上げます。

事故後の初動で大切なことは、何よりも安全の確保です。

  1. 後方の安全確認後にドアを開ける。
  2. ハザードランプの点灯。
  3. 三角停止版の設置(後方20メートル位)
  4. 路外に退避。
  5. 自走可能な場合は、緊急退避所まで走行して電話連絡をする。

事故直後はとにかく本人はパニックになります(経験から)何故私に限って...どうして私に限って・・・これは自信過剰からくる本人の勘違いでしかありません。プロのレーサーは、レース以外ではスピード違反は全くしないそうです。それは事故の怖さを知り尽くしているからです。

レオナルド・ウィルヘルム・ディカプリオとフルネームで言われても誰?ですよね!!デカプリオの方が一般的ですし解りやすいでしょう。454px-Leonardo_DiCaprio_2010.jpg

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.5 一般 ライセンスの下に提供されています。

 1977年のアメリカ映画タイタニックで一世風靡、最近では年収50億円の長者になりました。ところが、長期休養宣言で業界に激震がとお思いきや、普通の休暇のようです。

実際に起きた海難事故をテーマに描かれたこの作品は、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描いているところには、当時の小生でも十分理解できる?範囲の作品でした。神戸アイランドで駐車して電車で出かけて見たことを覚えています。

明治45年大正元年(7月30日まで明治45年7月30日から大正元年)の出来事ですから、日本人は乗船していたのか?と思ったら、細野 正文は唯一人の日本人乗船者でした。しかし、女子供を優先して救命ボートに載せる行為は、いろんな憶測を呼び、二次災害的な運命を背負う結果となった人も少なくありません。それも、船会社の社員で有ったら一層その非難は強く、行き場を見失ったことでしょう。

 

渡辺 いっけい

| コメント(0)

渡辺 いっけい(写真)は、カレーライスに付いている福神漬のような、無くてもよいが、有った方が一層の味を出す、つまり名脇役として無くてはならない存在でしょう。

  • 京都地検の女 - 検察事務官 太田勇一 役:不満が有りながらも鶴丸あや検事に逆らえない役柄は、打って付の役所です。
  • 浅草ふくまる旅館 - 風間敏治 役
  • 陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜(2007年7月19日 -、NHK) - 今津屋吉右衛門 役
  • 黒革の手帖(2004年10月14日 - 12月9日、テレビ朝日) - 村井亨 役
  • 警視庁捜査一課9係(2007年5月16日、テレビ朝日)- 白倉健二 役
  • 必殺仕事人2009 第7話(2009年2月27日、テレビ朝日) - 藤戸又兵衛 役
  • 信長のシェフ(2013年2月15日、テレビ朝日) - 今井宗久 役
  • 税務調査官・窓際太郎の事件簿 - 統括官・島崎春男 役
  • 湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿2 (2010年4月19日) - 牧野安男 役
  • 伝説の監察医 オニグマの事件簿(2012年3月5日) - 寺原三郎 役
  • 内田康夫サスペンス・福原警部 (2009年6月6日)- 小野正警部補 役

再放送を見ていると、とにかくよく見かけます。少し意地悪な上司役は、彼の「はまり役」でしょうか?税務調査官・窓際太郎の事件簿の小林稔侍との掛け合いは、漫才師も顔負けの味を醸し出しております。身長171cmとありますが、画面上はかなり小さく見えるのは、取り巻きが大きいせいでしょうか。これからも個性豊かな演技を期待して居ります。

愛知県豊川市出身


大きな地図で見る 

九代目 林家正蔵

| コメント(0)

九代目 林家正蔵

噺家(落語家)なのかタレントなのか区別がハッキリしないのが最近の芸能界の特徴というかマルチタレントで無いと受け入れてもらい無いのが現実でしょうか。

ナショナル劇場はTBS系列で、毎週月曜日20:00 - 20:54(JST)に放送された時代劇を中心としたドラマ番組枠です。世の為人の為、老若男女問わない番組を。」をテーマに1969年8月以降は『水戸黄門』を中心に『大岡越前』『江戸を斬る』などの時代劇が主体となっていたが、その後パナソニック ドラマシアター枠として、ハンチョウ〜神南署安積班〜に引き継がれる、単独スポンサーによる長寿番組枠です。

年代のためか時代劇ほど熱中できませんが、それなりに楽しんでいます。

2013年2月18日(月)放送のハンチョウは、ゲストに正蔵師匠演じる寺田巡査長の受難の顛末を取り上げたものです。

犬も歩けば棒に当たるとはよく言ったもので、法治国家では道路を歩いていても違法とならないとは限りません。人は右側通行ですから、極端にいえば左側を歩いただけで違法です。刑事番組でよく使われる【別件逮捕】をこの場合適用できるかは分かりませんが、その気になれば可能なのではないでしょうか。

matukuni.jpg

予告編なしにこの番組を見始めた時、松村邦弘痩せた?と真剣に思ったものです。そんな簡単に痩せられる????他人の空似????もしかして林家こぶ平????最後まで????で見ていました。最後のクレジットでキャストを見てようやく林家正蔵と確認しました。

普段それほど似ていると思って見たことはりませんでしたが、似ているのかな????似ているといわれて喜ぶ人と、怒る人がいるでしょうが、この場合正蔵は「とんでもない」と思うでしょうし邦洋は「そうですか」とほほ笑むでしょう。邦洋さんは物まねタレントでもありますから、このさいレパートリーに入れてみたら如何でしょうか?おそらく蛯名家から強烈なクレームの嵐、下手をすれば芸能界から永久追放!!なんてことにもなりかねない事態に発展するかもしれません。

地下室に脱税した大金を隠匿して、追徴課税されても平然としている一家ですから。

 

 

相棒

| コメント(0)

相棒

あい‐ぼう〔あひ‐〕【相棒】

駕籠(かご)もっこなどを一緒にかつぐ相手。

  • 籠は二人で担ぎ棒を肩にかけて、人を運ぶもの。
  • もっこを知っている人は少ないでしょう。二人で担ぐのは一緒ですが、運ぶのは荷物です。時代劇の場面を見ていると、川などの工事現場で、大きな石や土砂を、藁で編んだムシロ状のものに載せて、二人一組前後ろになって、運んでいるのがそうです。現代でも鋼鉄製のワイヤーで編んだ網を使って、建設機械やクレーンで、人では運べない重いものや高い所に運搬しています。

一緒に仕事などをする相手。仲間。パートナー。

なんですが、一般的にはテレビ朝日·東映の制作でシリーズ化されている刑事 テレビドラマを、連想すると思います。ググってみても結果は同じでした。

ショムニから13年

| コメント(0)

ショムニはフジテレビネットで配給されたドラマで、スタートは1998年4月15日~2002年7月3日放送最後の連続ドラマです。主演は江角マキコ夜半の放送にも関わらず、平均視聴率 - 21.8%、最高視聴率 - 28.5%を記録した、人気番組でした。落ちこぼれが会社の窮地を救うという設定が「ストレス発散」の痛快番組となったのでしょう。連続ドラマで無いところがよかった。

その人気の延長で、江角マキコは結婚妊娠出産を経て、2011年、7月スタートの日本テレビドラマ『ブルドクター』で本格的に女優復帰しました。その再放送を今見ている訳ですが、ショムニ時代の切れは維持しつつ、母親感覚も出していい感じです。

江角マキコは、2003年、11月から社会保険庁(当時)の国民年金保険料の収納率アップを狙った広報のイメージキャラクターとして起用されていたが、2004年3月、本人の17年間保険料未納が明らかとなり、適任と目されながらの降板に惜しむ声も多かったようです。其れにも増して、同時に政治家の年金未納問題やそれを報道したマスコミのキャスターや、さらには多数の芸能人の未納も明らかになっことは、年金改革の発端となり、イメージキャラクター以上の効果が有ったと評価したいところです。この時未納三兄弟が流行語になりました。この情報流出は、社会保険庁職員300人ほどが私用目的で年金未納情報を閲覧していたことが発覚し一斉処分を行った。中には職員がマスコミに情報をリークしていた事も発覚、情報の適正使用を出来ない限り、国民ナンバー制の法整備はできないでしょう。

波紋を呼んだ出来事でしたが、ブルドクターの場合2匹目のドジョウにはなれませんでした。平均視聴率 13.1%の数字は別として、ドキドキ感は違った味わいを覚えます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち芸能カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはペットです。

次のカテゴリは温泉です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ