百日紅50年で最高の開花

| コメント(0)

例年カイガラムシに取りつかれて、煤(スス)がついたような葉っぱが多く、花も小さめでした。今年は予防のおかげでIMG_0548-1.jpg百日紅50年の歴史の中で最高の開花量です。カイガラムシがつくと、それを食べにアブラムシが寄ってくるので、その影響がススです。

 2006年の流行語大賞にも選ばれた、イナバウアー(実際の表現とはちがいます)のような、反り返った花枝まで現れました。IMG_0515-1.jpg

 来年もいっぱい咲いてくれるように、選定と消毒をしておきました。名前のごとく、本当に100日も咲いてくれるので、大好きな花です。sarusuberi.jpg

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2014年10月26日 00:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」です。

次のブログ記事は「いい部屋ネット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ