美味しいご飯の炊き方

| コメント(0)

美味しいご飯の炊き方

800px-Kamado4816.jpg

今時竈(かまど)でご飯を炊いている人は少ないでしょう。外食で釜飯を見たり食べたりは、かなりの人が経験しているのではないでしょうか。この場合、店によって個性的な味付けが施されているので例外なく美味しいのが売りです。銘々の釜に炊かれた炊き込みご飯とでも申しましょうか、白ご飯とは違いますので、釜の説明程度にして、美味しいご飯の判断からは外します。

10万円もする炊飯器に人気を高かったり、土鍋で炊いたご飯が美味しいという意見や、ご飯にはいろんな意見が有ります。好みにもよると思いますが、米の食味ランキング「A'」以上で有れば、通常の食卓では美味しい部類に入るでしょう。

ポイント

  1. 洗米は多めの水で手早く、1回目のとぎ汁はすぐに捨てます。
  2. 2回目からはかき回す程度で、2~3回水を交換します。
  3. 夏30分、冬2時間程度の吸水時間を目安にしましょう。急ぐ時は、ぬるま湯で炊くと上手くいきます。(炊飯器のお急ぎボタンの場合なお効果的です)
  4. 炊飯が終ってもすぐに蓋を開けずに8~15分程度蒸らしてから(むらし機能が付いている場合は終了までの時間に含まれる)、蓋を開けしゃもじで釜の底から返すように上下混ぜて、水分を均一にします。
  5. おにぎりの場合、お米3合に食塩小さじ1杯位入れて炊くと、満遍なく塩分がいきわたりますので、塩分控えめの美味しいおにぎりが作れます。
  6. こんなに簡単に美味しいご飯が炊けるんです。
  7. 今食べているお米で試してみて下さい。
  8. 炊き込みや味付けで食べるお米でしたら、特にこだわらなくとも米の食味ランキング「A'」以上で有れば、何の問題も有りません。
  9. 特に最近の精米機は性能が優れているので、洗米も簡単に済みます。
  10. 貯蔵も低温で品質の劣化もなく、貯蔵中の農薬の心配も有りません。安心して食べて下さい。
  11. 新潟県魚沼産コシヒカリと、新潟県一般コシヒカリと100%区別できるかと言われて、出来る人は殆ど無に等しいでしょう。
  12. 器械による計測では、人の食感と違いが有りますので、これも正しいとは判断できません。
  13. 結局は信頼できる販売店の、気に入った商品を継続して購入するのが一番かと思います。

10万円の炊飯器は不必要でしょうが、日本の経済効果を高めるには、必要な商品だと思います。特に中国の皆様にお勧めします。日本のお土産には是非【美味しいご飯の炊ける炊飯器】をまとめ買いして、親類・縁者、ご近所さんに分けてやって下さい。但し不純物の除去機能は備わっておりませんのでご理解下さい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2013年3月 1日 07:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お米キーワード検索」です。

次のブログ記事は「春一番」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ