園田隆二

| コメント(0)

園田隆二

sonoda2.jpg

ウィキペディア引用

(日刊ゲンダイ2013/2/1)コピー

辞意のウラに当局からのプレッシャー

柔道女子の園田隆二・代表監督(39)がきのう(31日)、監督を辞任する意向を表明した。

「一方的な信頼関係だったと深く反省しています」――。会見で、選手に対する暴力行為を認め、神妙に謝罪していたが、一方通行の"信頼関係"で、ボカスカ殴られたら選手もたまったもんじゃない。
現職警察官の園田は今後、警視庁に職場復帰するとみられるが、その警視庁は今回の件で園田を事情聴取している。

「女子選手らがJOCなどに送った告発文には、園田が練習中、平手打ちや竹刀による殴打を日常的に繰り返していたことが書かれている。仮に警視庁に告訴状が出されれば、立件の可否を判断しなければならない。監督辞任を渋っていた園田がアッサリ身を引いたのも、警視庁上層部から『早く辞めて穏便に済ませろ』とせっつかれたのでしょう」(警察ジャーナリスト)

巡査部長の園田が「暴行容疑で逮捕」となれば前代未聞。警視庁のメンツも丸潰れだ。庁内には、園田の妻で、アテネ五輪柔道女子金メダリストの阿武(現園田)教子もいる。これ以上、騒動が大きくなるのは避けたかったに違いない。それにしても警視庁の警察官といえば、採用試験の倍率が10倍前後だ。園田は本当に採用試験を突破したのか。

「警視庁の採用試験は、一般的な公務員試験と同じ。知能、知識分野に関する択一式問題のほか、論文などが行われます。武道やスポーツの特別枠はないので、柔道有段者の園田も採用試験をクリアしたと思う。ただ、五輪や国際大会に出場するような選手は警察学校を出た後、本部の特例扱いで配属先が決まるケースが少なくありません」(警視庁事情通)

園田の肩書は、教養課柔道指導室の「助教」。警官らに柔道を指導する立場だ。要するに、柔道しかやっていないことになる。

仕事なのか、トレーニングなのか分からない。それで給料がもらえて一生食いっぱぐれなし......とは、うらやましい限りだが、こうした環境が、今回の事件の背景にあるのは間違いない。

------------------------------------------------------------------------コピーここまで--------------------------------
sonoda.jpg
発言の裏には、勤務先の思惑が見え隠れする。
テレビドラマでよく見られる「警察内部の縄張り争い」も有るのでしょう。
身内から縄付きは出したくないでしょうが【地域住民の生命財産を守る】のが使命ですから、形にこだわっている場合では有りません。
職場でも家庭でも、格上の妻にいじめられた腹いせで、暴力訓練に及んだわけではない事を祈るばかりです。 

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2013年2月 3日 13:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「笹子トンネル天井板落下事故」です。

次のブログ記事は「校内暴力の隠ぺい工作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ