ホームページ・ビルダー

| コメント(0)

ホームページ・ビルダー日本IBMの大和開発研究所が開発し、1996年にバージョン1.0(V1.0)が登場しました。初心者向けのHP作成ソフトとして人気があり、ウェブサイト作成ツールとしては売り上げ11年連続1位とメーカーでは謳っていますが、比較のしようがないので鵜呑みにしております。

2002年からV16まで連続購入していましたが、機能的な変化が無かったのと、サポート体制の変更を理由にV17は入手しませんでした。それまでも可能な限りヴァージョンアップ版を購入しておりましたので、年に一度のサイトの更新には丁度良いタイミングでした。

この度大幅なリニューアルを試みたところ、機能の挿入が不明な箇所が多くあり止むなくさサポートへ電話、ところが予想的中で電話が繋がらない。「ただ今、電話回線が大変込み合っておりますこのままお待ち頂いても接続できません、後からおかけ直し下さい。プツッ ツーツー」でした。繰り返すこと3かいで、あきらめました。

次の日開始の9時30分を待って電話インフォメーションに続いてナビダイヤルです。製品のシリアルナンバーを入れて見たものの「サポート期間が終了しています」のインフォメーション?????。なるほど!!入力したのは、古いバージョンのシリアルナンバーでした。V16を確認して、リダイヤル・・・・・・・ダメでした。止むなく1日待って、次の日9時30分にリベンジです。今度はうまく行きました。既にアップしてあるサイトを確認しながらの、技術サポートは素人にとって正に【救いの神】です。さらに難しいところは【リモートサポート】です。

最近のサポートの多くは【リモートサポート】を導入しているようです。技術者の目で見て行う作業ですから、見ていても納得の技術力です。「そんな手が有ったのか!!」と思っている間に終了です。丁寧な説明と作業は先入観を覆すに十分な内容でした。昔流行った【ダイヤルQ2】を彷彿させる体験でした。

ソフトにもよるのでしょうが、5回までは無料で、6回目から1500円とのことでした。しかしそれまでには、サポート無用にまで行ける事を願っています。

 

コメントする