飾り職人の秀(かざりしょくにんのひで)

| コメント(0)

芸能ニュースが賑わっている時は政治経済に大きな動きのないときだそうです。国民に夢と希望を与える商売ですから、犯罪でニュースになってほしくないものです。 必殺シリーズの飾り職人の秀や「渡る世間は鬼ばかり」「京都祇園入り婿刑事事件簿」のクニクニで、お茶の間をにぎわせてくれました。クニクニのキャラクターは気に入っていたのですが、新潟県出身とは思っても居ませんでした。 昔の役者は「顔が大きい」ことも良い男の条件でした。それは、遠くからも良く見えるためだそうです。最近では小顔の長身を求められているようです。三田村邦彦自身も178cmの長身で小顔です。 再婚だそうですが、末永く幸せであってほしいと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2010年5月17日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さなぶり(早苗饗、早苗振り)」です。

次のブログ記事は「蛇混柏(じゃびゃくしん)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ