米農家戸別所得補償制度

| コメント(0)

 今年のGWも例年通り故郷で田植えの手伝いをさせていただきました。 高速料金の、土日祭割引で1,000円で走れるし、ガソリンも平成元年の124円/1!から、139円/1!と物価上昇率よりは低く推移しているので、デフレと言われながらも割り切りやすい。 高速道路の割引を利用して雑踏を離れのに、渋滞は避けたいものですが、深夜1時頃から行動を起こすと意外にもスムースです。 民主党のばらまき政策の目玉である、農家の個別保障も15,000円/10aに決まり、少しは明るさが増したのでしょうか? しかし、写真の手前に写っているような雑草の生え放題の水田には交付金は支給されません。生産数量目標の配分を受け、地域水田農業推進協議会等による作付確認を受けないと、米のモデル事業の交付金は受け取れないことになっています。

コメントする