播種(種まき、すじ蒔き)

| コメント(0)

水稲栽培では、苗を育てることも大切な作業です。 陸稲では、直接畑や耕地に播種機やトラクターのアタッチメントを使って蒔いていきます。カリフォルニアでは軽飛行機による種蒔きも行われて、グラマン アグキャットはその代表機種で、現役を維持して居るようです。 用水路の無い地域で米を作るには、乾田直播が当然ですが、後からの灌漑用水は主に地下水によるスプリンクラー等で行われています。同じスプリンクラーでも、センターピポット方式は広大な農地を管理するには適した方式でしょうが、地球環境には決して優しくはありません。その点日本では、雪解け水を利用した自然灌漑で、安全でしょう。直播も、湛水方式で行われる場合が多いようです。この場合、既存の稚苗田植機にアタッチメントで対応できるので、経費の軽減にも繋がり今後有望な栽培方法となりうると思っています。

コメントする