2010年4月アーカイブ

諏訪大社式年造営御柱大祭

| コメント(0)

[/caption] 寅年と申年に行われる「御柱大祭」は、今年も行われましたが、残念ながら悲惨な事故が発生してしまいました。テレビでしか見たことが無いので、実体はわかりませんが、山から切り出した樅の木を、あの急な坂をひき下ろす際に「その木」にまたがって滑り下りると言うのですから、むしろ怪我の無い方が不思議なくらいです。 三大奇祭とは諏訪大社の御柱祭、秋田県男鹿市なまはげ、北口本宮冨士浅間神社吉田の火祭りを指しますが、諸説あるようです。 実は故郷の神社も「諏訪神社」なんです。諏訪大社を本社とした支店の中の営業所の中の連絡所位でしょうか?全国2万5000社の末社の一つなのだろうか?そんなことは全く気にしないで、5月の祭礼に参加していました。 不思議なことに、隣には黒鳥神社も並んだ一見不思議な光景です。一説では黒鳥 兵衛(くろとり ひょうえ)を奉った神社と言うことですが、そんな悪者をなぜこの集落で?????・・・・・ 諏訪大社は元来五穀豊穣、狩猟・風・水・農耕の神として古くから信仰されており、営業社員がこの地に社の建立を勧めたのでしょう。 子供の頃には立派な灯篭もあったのですが、野球の邪魔になる?遊びの場所としての広さの確保から、徐々に減って行き、一対の狛犬だけになってしまいました。

禁煙 タバコを止める

| コメント(0)

 喫煙経歴40年以上の小生が禁煙に踏み切れたのは、経済的な要因が大きいことに気がつきました。この時期だから言えるのですが、中学3年の初めには既に、人差し指と中指の内側は、他の皮膚の色とは明らかに違っていました。 15歳ともなれば、農家では一人前の仕事をこなします。集落の草刈やドブさらい等の共同作業では、無償の代わりに終了後の直会(なおらい)に酒は欠かせない物でした。 冷酒を茶碗で酌み交わすことで、仲間意識を向上させる手段として、有効であり、男も女も酔うほどに歌い、歌が酒を進めたものです。 他に娯楽の無かった田舎では、それが限られた喜びであり、楽しみだったのでしょう。 そのおかげで、酒とタバコは代理で出席した会合で、半強制的に勧められて、自然と親しんで行きました。とがめる者も無く、隠れてコソコソすることも無く、なんとなく健全な気持ちさえしておりました。 あれから40有余年、健康管理もさることながら、経済的に逼迫してついに禁煙に踏み切りました。原資が無いから止むを得ません。 3年ほど前にも挑戦して【タバコを止めて海外旅行に行こう】と決めて、2年ほど続いたでしょうか? 一本くらいかまわないだろうと手を出したのが命取りで、元の木阿弥となって一日60本の世界に突入しました。再禁煙から一年半、今でも時々誘惑に負けそうになります。麻薬の誘惑って怖いです!!

事業仕分け 第二弾

| コメント(0)

昔のホームドラマのシーンに【勉強しないとお父さんみたいになるよ!!】と、語気を荒げて子供に勉強を強要する母親の姿が良く見られました。このお母さんの勉強に対する強い執着心は「より良い大学を出て、国家公務員になるんですよ!!」と言わんばかりの思いが込められているように思えてなりません。そのことは別に何の問題も無いと思うのですが、今になってみれば【天下りのできる国家公務員】を目指して居たことに気づきました。 多額の退職金で渡りを繰り返して手にする総額はいくらになるのでしょう。一般企業なら何も問題は無いのですが、税金で運営される独立行政法人のことですから、問題が大きいのです。

文部科学省所管の理化学研究所(理研)では、研究者が秘書役のアシスタントに配偶者を雇用していることが分かり、「ガバナンス(企業統治)に大きな問題がある」として、組織管理の改善を求める意見が出された。

とされているが、その金額は600万円だというから驚きです。羨ましいとは思わないが(やせ我慢)小生の2年分の汗の結晶と同じ金額です。 子供手当てを毎月千二百万円も貰っていた人も居ることを思うと、たいしたことではないのかな?????(これは個人のポケットマネーですが)

桜の次は藤の花

| コメント(0)

見慣れない物体ですが、いったいなんでしょうか?実は藤の花の開花前の蕾?なんです。マメ科の植物で、ポリフェノールを含み、それは「花粉症、動脈硬化、糖尿病、メタボリックシンドロームなど、現代の生活習慣病の改善や体質改善に有効な働きをする」と書いてありますが、一朝一夕に効果のある薬は存在しないようです。 藤原氏を出自としてその流れを汲む十六藤 - 佐藤、伊藤、斎藤、加藤、後藤などの姓(名字)がある。「藤」から始まる姓としては藤井、藤田、藤原、藤本、藤村、藤沢などがある。しかし藤原氏は本姓であり、その子孫は現在それぞれ家名(九条・冷泉など)を名字としているため、貴族の家系においての「藤原さん」は存在しないようです。 行政区の花であったり、家紋であったり、多岐にわたって利用されるとこから察するに、特別な花ではなかったのでしょう。見た目は艶やかで、しかも派手であり自慢するに与えする花だと思います。 新潟では5月の連休以後に、神社の境内で多く見られます。 直射日光を遮ってくれる藤棚は、その下でお茶を楽しんだり、酒を酌み交わすのも趣向かと思います。

昆布巻き

| コメント(0)

和食には和食なりの決まりがあるのでしょうが

  1. ご飯に合う
  2. 見た目が和風??
  3. 国産の食材を、メーンにしている
  4. etc

の中でも、ご飯に合うことは、最も和食らしいのではないでしょうか。

  1. それなら、豚カツは→カツ丼
  2. すき焼き→牛丼
  3. 天ぷら→天丼
  4. ハンバーグ→ハンバーグ定食????

どれも判断がつきそうで?????ですが、魚や肉を焼いたり煮たりした食材は、日本食でしょう。 写真の昆布巻きは、躊躇することなく和食ですよね!!我が家では正月のお節に出てきました。 材料の、昆布(喜ぶ)大豆(まめで元気に)が、お節に合っているのかな?まく材料には、塩引き鮭が主流でした。これも年末に欠かせない食材でしたから、あわせて作る惣菜として喜ばれたのでしょう。とろ火で煮込むと、背骨まで柔らかくなって健康的な食材です。 ご飯もすすみます。

お洒落(おしゃれ)

| コメント(0)

田舎で時々見かける雑草の刈り取り風景です。なぜ時々?なのかと言えば、その多くは、機械を肩からたすき掛けにしたり、背中におんぶしたりして、居るように思います。この場合、小型の耕運機のように見えますが、実は優れもの草刈機なのです。どこが優れものかと言えば、上面と側面を同時に刈り取ってしまうのです。 家庭菜園を栽培された方は身に覚えがあると思いますが、夏場の畑栽培は戦場です。虫と闘い、雑草と戦い、暑さと戦い「もういやだぁ〜〜」と思ったりしたことでしょう。それほど大変なんです、草との戦いは・・・・・・・ それに比較して、農家の人たちは我慢強く草や虫さらに病気と戦っているのです。そうしなければ収穫は期待できず、さらに自ら収入の道をを断つことになってしまいます。 雑草のごとく・・・・今更かみ締めて肝に感じました。 それにしてもこの青年、かなりお洒落なんです。 奥さんか母親かプロの手によるものか定かではありませんが、ダメージウェアーのままでは安全性に問題もあるし、なかなかの者です。 春先からの定温の影響で、野菜特にキャベツの高騰が話題になっていますが、手間隙考えれば今くらいの価格が適切なんでしょうが、国際価格となればそうも行きません。特に南半球のオーストラリアからの輸入は国内の価格に大きく影響しますが、水をコントロールしにくいオーストラリアでは、収穫の予想ができないのが実態のようです。 生産者への個人補償をマニフェストに盛り込んだ民主党はいかなる形でそれを実行するのでしょうか、楽しみです。

藤田まことさん

| コメント(0)

 テレビのチャンネルは、どこを押しても(昔はチャンネルは回すものでした)お笑い全盛期の昨今です。写真は「安浦刑事役」で名をはせた、故藤田まこと氏です。面長な二枚目で、テレビ朝日系列の『はぐれ刑事純情派』 で、人情あふれるデカを演じて人気をはくしました。関西人と思わ ていますが、生まれは東京で父親も俳優でした。高校卒業後、ディック・ミネ氏を師匠格とし歌手として芸能界へ入りその後、コメディアンとして活動を始めたようです。氏の歌唱力は抜群で、NHKの深夜便で「夜のララバイ」を披露しています。その姿は、はぐれデカの中でも時折披露されていましたが、うっとりするほど味がありました。その雰囲気とは裏腹に、私生活では想像を絶する借金人生だったようです。 個人の借金が40億円と言えば、想像どころか言葉にもなりません。 才能が豊かな反面、金銭感覚は極端に鈍かったようです。義理の兄の保証人で数千万円の借金を被り完済したと思ったら、夫人名義の借金の返済に、最後まで頑張っていたようです。しかしその実態は?????そもそもバブル期にS興産なる会社との関係から、経済的に苦しんだようですが、田舎ものに理解できる範囲では有りません。 地獄の沙汰も金次第・・・・・・天国に召されたから大丈夫か!!

【新潟コシヒカリの値段】

| コメント(0)
平成21年産新潟コシヒカリ
買う予定は無くとも、物の値段は気になるものです。ハイブリットカーや電気自動車等は、もしかしたら近い将来買う事になる可能性も有りますから、なおさらです。特別減税や政府補助金で値引き額もかなりの数字ですから、いくらになるの????この補助金には実は落とし穴があるようです。通常商品特に高額のものともなれば、同じ商品でどこの店が安いか値踏みをします。しかし、この補助金つきは定価販売のみですから、値踏みの必要は無く、それは無駄な抵抗のようです。つまり消費者の見方の振りをして、実は自動車メーカーの販売促進を狙った事業なのです。そのお陰で、トヨタは昨年同期より販売を伸ばし黒字決算となる予定だそうです。これは、いわゆる族議員の功績でしょう。自動車産業では、これまでにも、運送業の規制緩和を行い、認可から許可制にしてトラックやタクシー観光バスの車両販売を促進してきました。NOx規制もその類です。勿論大気汚染は防止しなければなりませんが、猶予期間も無く実施されると10年償却のトラックも5年で入れ替えや修理をしなければならなくなってしまい、経済は潤いますが、産業はそれと平行線にはなりません。 多くの事業者が規制緩和で手に入れた物は、よりリスクの高い鞭だったような気がします。 自民党政権時に打ち出した、農機具のリース事業も、メーカにはメリットが大です。しかし、購入者の農家にはそれほど大きなメリットとしては反映されないようです。農水省予算でありながら、経済産業省の関係企業が潤うような仕組みになっています。 道路も同じです、国土交通省で取りきれない予算を、農免農道や広域農道、ふるさと農道の名目で予算を獲得して道路建設を行う。表向きは農耕車優先となっているが、ダンプカーや乗用車がひっきりなしで走る道路に、おちおち駐車して農作業もできないでしょう。 物の価格から、とんでもない方向に進んでしまいましたが、安くても価値が無ければ無意味と言うことに気がつきました。 【安物買いの銭失い】昔の人の言葉は重いです。
 

美味しいご飯の条件

| コメント(0)

米めは通常炊く前に砥ぎます。しかし最近は無洗米もありますので、洗うとしましょうか。玄米食も増えていますので、それを含めて、無洗米も炊く前には洗った方が安全でしょう。と言うと、洗剤を使って洗うの?となりますが、それぞれの勝手ということにしましょう。これは、精米するとき米に付着した米糠を洗い流すのが目的です。

  1. 一回目はできるだけ手早く、水はすばやくすてましょう。
  2. 何回か繰り返して、白濁が無くなれば大丈夫です。
  3. ザルで水を切り、乾燥しすぎない頃合で、炊飯器に移します。
  4. 添付の軽量カップに指示された水量で炊きますが、好みによって加減するのがよいでしょう。
  5. ※古米は若干多めになります。

10万円もするような炊飯器が飛ぶように売れている・・・・・・とマスコミが取り上げているが、その実態はリサーチしていないので不明です。しかし、ネットオークションで買った5千円の普通の炊飯器ですが、美味しい!!過ぎて太ってしまいました。禁煙の影響かなぁぁ〜???? デフレからの脱却には、10万円の炊飯器をお買い上げいただくお客様を増やさないと・・・・

播種(種まき、すじ蒔き)

| コメント(0)

水稲栽培では、苗を育てることも大切な作業です。 陸稲では、直接畑や耕地に播種機やトラクターのアタッチメントを使って蒔いていきます。カリフォルニアでは軽飛行機による種蒔きも行われて、グラマン アグキャットはその代表機種で、現役を維持して居るようです。 用水路の無い地域で米を作るには、乾田直播が当然ですが、後からの灌漑用水は主に地下水によるスプリンクラー等で行われています。同じスプリンクラーでも、センターピポット方式は広大な農地を管理するには適した方式でしょうが、地球環境には決して優しくはありません。その点日本では、雪解け水を利用した自然灌漑で、安全でしょう。直播も、湛水方式で行われる場合が多いようです。この場合、既存の稚苗田植機にアタッチメントで対応できるので、経費の軽減にも繋がり今後有望な栽培方法となりうると思っています。

精米機

| コメント(0)

健康ブームの影響から、家庭用の精米機で、炊飯の都度お好みで精米する家庭が増えているようです。2〜3万円で手に入りますから、健康第一の生命ですから、喜ばしいこととおもいます。精米後に残る米糠は、これから旬となる筍のあく取りや、洗顔にも使えるので、グリコキャラメルのように二度美味しいことになります。 一時【無洗米】は環境にやさしいとか言うメッセージで、無洗米をアピールしていたこともありましたが、その言い訳がなんともお粗末というか・・・・つまり家庭で洗米しないので、排水が汚れないと言うことでした。確かに有機質の投棄は、水の汚染に繋がるでしょうが、精米工場での加工は問題ないのでしょうか?一箇所に集中するより、分散した方が危険度は低下するようにも思えるのですが。下水処理の進んだ都会では、水質汚染などには、まったく影響を及ばす心配は無いと思うのですが・・・・・・如何なものでしょう?

美味しいお米

| コメント(0)

沖縄では【チャンプルー】長崎?では【チャンポン】何種類かの美味しい材料をバランスよく混ぜて調理したものの総称のようです。 沖縄では「ゴーヤチャンプル」が有名ですが「麩チャンプル」も出汁をタップリと吸った麩が、南国風で美味しかったのを、昨日の出来事のように覚えている。チャンッポン麺は、麺の上にチャンポンを載せたものですが、麺は茹で麺であったり、油で揚げたカリカリ麺であったり、パターンは色々です。あんかけラーメンかあんかけ焼きそばと言ったとこでしょう。 ご飯に載せれば【中華飯】でしょう。同じ中華飯でも、米の質がよければ、それなりの味は向上するようです。 食べ過ぎにご用心!!