2009年8月アーカイブ

歌手キラー・カン

| コメント(0)

歌手キラー・カン

kan3.JPG190cmの長身を利用して、両手で相手の頚動脈めがけて振り下ろすモンゴリアン・チョップは一世風靡した必殺技でした。
その手にマイクを持って、月に2,3回老人ホームや刑務所を訪問して三橋美智也の歌などを歌っている。

スキンヘットでごつい見た目とは裏腹に、心根の優しい性格は、競争の激しいサービス業で頑張れる素質でもあるのでしょう。

店内ではホールスタッフに専念して、注文取りから配達までテキパキとこなす動きは、あの大きな体格からは想像もできない。

その優しさは、故郷にも向いている。

「幼馴染の画家が展覧会を開いているので時間が有ったら顔を出してくれ」との事でした。

その人は斉藤順正

弥彦の丘美術館で4月11日~5月31日まで、入場料は大人300円小中学生150円で、AM9:00~PM4:30。桜の季節と、GWを挟んでいるので、かなり混雑するでしょうが、時間調節を上手に行って心行くまで裸婦像を堪能されてください。

新潟コシヒカリ