国道151号線

| コメント(0)

国道151号線

090226.jpg静岡県道1号線を佐久間湖沿いに進むと、愛知県道1号線となり、そのまま進むと旧富山村豊根村)に入る。右折すれば長野県天龍村となるが、県道番号は同じ長野県道1号線と全国でも珍しい3県とも同じ番号で繋がっている。佐久間湖と分かれて県道を左折して進むと山また山の殆ど車の通りもない道を進むことになる。過疎地の持つ財政難はここでも同じであろうが、庁舎はとても立派で、銀行の無い村と言うが、この中に銀行も郵便局も農協も同居すれば安全性も高く住民サービスの向上に最高と思うのだが、そんな発想は無知な小生以外しないのだろうか。
小一時間、ようやく宮島で遠州街道(国道151号線)に合流する。右折して阿南町に向かうと、途中大型車通行不可能箇所も有ったが近年通っていないので不明?隣の下条村は俳優の峰竜太の出身地で国道脇には大きくその旨をあらわす看板が迎えてくれるところがほほえましい。
迂回路の建設で、トンネルや橋梁の機材運搬で何回と無く訪れたので、工事の進展状況を見に寄り道をしたかったが、今回は時間の都合で割愛することにして左折した。
途中の湯谷温泉の看板には後ろ髪を惹かれる思いで前進・・・・・長篠交差点に到着。
国道151号線と国道257号線との一部重複地点で長篠の戦いで有名な地域である。
当時の戦は「国取り」を前提としていたわけで、この戦いで武田領から織田領後に徳川領となるとともに、天下に名声をはせた武田氏は勝頼を最後に宗家は滅亡し全国に現在の庶家が残ったとされている。
現在30万もの苗字が存在するが、その多くは「地名」からつけられているようである。武田氏も武田八幡宮に因んだものと思われる。

コシヒカリ

コメントする